CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
PR
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
ブログパーツUL5

テクノロジーおよび電磁波犯罪による被害者のブログ

とりあえずほっとしたい・・・
<< 長文だらだら?(www) | main | その頃のこと(記憶)、覚えてますか? >>
人間は、何処から来て、何処へ向っているのか?(輪廻転生・その1)
0
    JUGEMテーマ:アメーバブログ
    JUGEMテーマ:オカルト


    本日の被害

    〇弭妖霙亜思考操作

    ∋弭妖霙阿砲△錣擦寝駭奪廛蹈哀薀燹淵掘璽泪鵐▲廛蝓)による24時間音声送信
    感情操作(怒り&悲しみ→両者共通、羞恥心の感情操作→チャバネ14、リラックスさせる→ゆとりチャバネ)
    体調操作(腎臓排出および発汗抑制による汗腺閉鎖後皮膚炎)
    感覚器の操作(大脳の感覚器を操作したオ〇ニー中ないし四六時中陰部攻撃、主に尿道・亀頭をくすぐる等のデジタルデータおよび女性器の部位の裂傷的痛覚被害)
    強制睡眠&悪夢系人工夢
    В邸櫂瓠璽襪鯀信しても握りつぶすサイバー犯罪
    大脳および視床にデータ(セルフイメージ)を送信

      本日もと言うか、毎日変わらず四六時中 銑Г糧鏗欧鮗けています。

     当ブログを閲覧の皆様、お久しぶりです。本日はチャバネどもが喚いていた『輪廻転生は有り得るのか?』について記そうと思います。これは、チャバネ14が相も変わらず『オレ様の前世は『高杉晋作』だぁ!!!!。そして、その前の前世は『織田信長』だぁ!!!!』と喚き散らしているので、ここで『そんな都合の良い話はない!!!。』ということをサルでも分かるように説明して、コイツ(チャバネ14)の30を超えてもなお盛んな厨二病というか幼稚病のプラセボを解こうと思い、今回はこのテーマを選択した次第です。
     さて、この『輪廻転生』ですが、これを立証するということは、「神の存在を立証する」および「天国&地獄(あの世)の存在を立証する」と同義となるため、あくまで私個人の思考実験の結果を記そうと思いますので、まあ、気楽にお読みいただけたら幸いです。
     まず、輪廻転生ですが、その前に「過去に存在した人間をもう一度人為的に再生することは可能か?」と言う観点から人間の生まれ変わりを考察した場合、ます3つの要素が不可欠です。
    それは、
    _甬遒紡減澆靴真擁を構成足らしめた、その人物の父親の遺伝子細胞(精子)の完全なるコピー細胞を入手すること。
    過去に存在した人物を構成足らしめた、その人物の母親の遺伝子細胞(卵子)の完全なるコピー細胞を入手すること。
    2甬遒紡減澆靴真擁の『記憶データ全て』を転生体にダウンロードすること。

    の3つなのですが、これは、過去に存在した人間の生まれ変わる際に必要な器(うつわ)を調達すると言う意味で重要なファクターであり、この2つが可能になった段階で次に必要なのは、『2甬遒紡減澆靴真祐屬竜憶を移植する』というこであり、ここまで出来て初めて『人為的に輪廻転生が可能である』と考察することが出来ます。(もっとも現代科学では、,らすべてが現段階では不可能なものではありますが...。)
     それで、人為的な輪廻転生をベースにして、世間一般で言われているところの輪廻転生(生まれ変わり)について考察した場合、「まったく同じ身体能力および身体的特徴を持った人間が再び発生するのか?」と言うと、『確実に存在し得ない』と言い切ることが出来ます。これは、男性の精製する遺伝子細胞(精子)および女性の精製する遺伝子細胞(卵子)の輻射する電磁波を調べれば分かることだと思われますが、一人の男性の持つ精子1つ1つおよび女性の精製する卵子1つ1つが微妙に異なる周波数帯であると思われるため、基本的に卵子に受精して生まれ出てきた人間は全てONE OFFと言うかONLY ONEな存在でしかないと結論付けることが出来ます。
     なお、隔世遺伝と言う言葉もありますが、能力的なものは過去に存在した人間に近い存在ではあるのですが基本的には全くの別人であると結論付けることが出来ます。
     また、この観点からも、『人間は、何処から来て、何処へ向っていくのか?』の言葉通り、譲り葉の如く、限られた時間の流れの中でより良い子孫を残していくと言う『種の命題(自然のルール)』に沿ってしか有機生命体は存在し得ないものであり、ここまで記してきて分かることは、『時間を越えて、全く同じ遺伝子情報を持った転生体は発生し得ない』と言う事になります。そして、このルール(種の命題)があるからこそ、過去の遺伝情報の黄泉帰りも不可能であり、”オレ様は〇〇の生まれ変わりだ!!!!”などと言う荒唐無稽な妄言も「妄言でしかない!!!」と言うことになります。
     よって、遺伝情報のみの生まれ変わりについては、決して不可能なものでしかないと結論付けることが出来ます。

    文章も長くなってきたため、本日は『閑話休題?』ということでこのあたりで。

    次回は、記憶の継承について考察したものを記そうと思いますので、まあ気長にお待ちいただけたら幸いです。(苦笑)

    自分が生きている間に、自分と全く同じ遺伝子情報を持った別体(ドッペルゲンガー)が存在した場合、殺し合いが始まると思う。【私見】
    | 閑話休題? | 11:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 11:58 | - | - | - |









      http://yamanashi0967.jugem.jp/trackback/244