CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
PR
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
ブログパーツUL5

テクノロジーおよび電磁波犯罪による被害者のブログ

とりあえずほっとしたい・・・
<< 種族維持本能? | main | オリジナリティ? >>
睡眠妨害?(怒)
0

    JUGEMテーマ:電磁波

    JUGEMテーマ:脳科学

    JUGEMテーマ:アメーバブログ

     

    ◇本日の被害◇

     

    〇弭妖霙亜思考操作
    ∋弭妖霙阿砲△錣擦寝駭奪廛蹈哀薀燹淵掘璽泪鵐▲廛蝓)による24時間音声送信

    感情操作(怒り&悲しみ→両者共通、羞恥心の感情操作→チャバネ14、リラックスさせる→ゆとりチャバネ、うつ状態にする→ゆとりチャバネ)
    体調操作(腎臓排出および発汗抑制による汗腺閉鎖後皮膚炎(主に右足指))
    ト乕感覚器の操作(大脳の感覚器を操作したオ〇ニー中ないし四六時中陰部攻撃、主に尿道・亀頭をくすぐる等のデジタルデータおよび女性器の部位の裂傷的痛覚被害)
    Χ制睡眠or睡眠妨害&悪夢系人工夢(2度寝後の疲労状態等)
    В邸櫂瓠璽襪鯀信しても握りつぶすサイバー犯罪
    大脳および視床にデータ(セルフイメージ)を送信
    大脳皮膚感覚器同士およびあらゆる脳内データ(感情データ等)をトリガー(契機)に発動するトラップデータの変調&送信


     本日もと言うか、毎日変わらず四六時中 銑の被害を受けています。

     

     当ブログを閲覧の皆様、お久しぶりです。(デブうんこ的に)残念ながら私は生きています。(笑)

     本日は、ここ一ヶ月の間蒙り続けていた、『睡眠妨害』について記そうと思います。被害の内容はと言うと、夜中の3時頃に強制的に目ざまされて、5時くらいまで一睡もできず悶々と布団の中で過ごし、5時から7時くらいまで浅い眠り、つまりレム睡眠状態にさせられて、毎日意味不明な人工夢を変調&送信させられるというものなのですが、この被害を蒙り続けているこの頃は、睡眠不足の感が否めず、毎日の生活に支障をきたしているところです。(怒)

     まず、デブうんこが夜中の3時くらいに強制的に目覚めさせる方法なのですが、熟睡中に毛布および布団を蹴り飛ばして、外気の寒さで睡眠震度を浅くしていくという手段で目覚めさせられ、次に待ち構えているのが、ブローカ野およびウェルニッケ野に対して何かしらの曲を流す、つまり脳内に音楽を垂れ流し状態にしたり、呼吸の際に副鼻腔に空気が出入りする皮膚感覚器をトリガーにして鼻呼吸の音を脳内に響かせたり、うとうとしだしたらいびきをかかされたりして睡眠妨害を働きます。(大怒)

     そして、最後に睡眠震度をレム睡眠状態にして、悪趣味で意味のない人工夢を垂れ流されます。この人工夢なんですが、最近では睡眠震度の調節が細かくなったのか、起きてすぐに思い出せないような絶妙の睡眠震度をとっており、成る程このようなBMIプログラムのみを7年半も続けていたら、ここまで来たかとある意味感心するくらいです。もっとも、なぜ毎朝見る夢が人工夢なのかというと、夢の内容を拒絶することができない、つまり、強制的にCG&台詞が流されており、強制終了することができない、つまり起きる事ができないからなのですが…。(超怒)

     ちなみに、毎回デブうんこは、チャバネ14の悔しがる不細工面をセルフイメージとして送信し続けて、『チクショーーーーー!!!!!!』だの、『なんで人工夢って分かるんだよぉーーーーーーー!!!!!!!』とか喚き散らしてきますが、どう考えてもデブうんこ一匹の犯行であり、何のためにチャバネ14のセルフイメージを送信し続けるのか理解不能です。なので、もし、私が「この被害を行っている犯人がチャバネ14だ!!!」とブログに記したりしたら、犯罪組織ではどのような会話がされるのかをちょっとだけ考えてみました。(笑)以下に記しますのは、簡単なやまなしの想像なので気楽に読み飛ばしていただけたら幸いです。(笑)

     

    ~私やまなしが被害報告ブログにて『チャバネ14が主犯である!!!』と記した記憶を監査チームが閲覧した場合〜

     

    デブうんこ:「見てくだシャいよ!!!!!!。上司その1!!!!!。コイツ(やまなし)だって犯人がチャバネ14だって言ってるじゃないでしゅか!!!!!!!。」

    上司その1:「あのねぇ、デブうんこ君。彼(やまなし。便宜上。)がいくらブログに記しても、現在あの部屋に入り浸ってるのは君しかいないんだよ!!!。彼(やまなし。便宜上。)は推測でしか想像できないからあのようにブログに書いたんだろうけど、私たちはあの部屋へ出入りしている人間(うんこ?)は君しかいないことを知っているんだよ!!!。」

    デブうんこ:「ううぅぅぅッ!!!!!!!。でも、コイツ(やまなし)がブログに書いてるもんッ!!!!!!。犯人は僕しゃんじゃなく、チャバネ14なんだもんッ!!!!!!。悪いのはチャバネ14なんだモンッ!!!!!!!。だから僕しゃんじゃなく、14をクビにしてくだしゃい!!!!!。ゲヘゲヘ(笑)」

    上司その1:「あのねぇ、14君は研究発表をして、ちゃんと今現在もまともに研究してるんだよ!!!。彼(14)は努力して成功体験を獲得してるんだよ!!!。なぜ今更BMIプログラムのある部屋に入り浸らないといけないの?(怒)」

    デブうんこ:「ううぅぅぅうぅうう。僕しゃんじゃないでしゅッ!!!!!!。14でしゅッ!!!!!。僕しゃんは何も悪くないでしゅッ!!!!!!。ブクブク(口から泡を吹いているようです。笑)」

    上司その1:「だったら14君を呼んで確認してみようじゃないか!!!。おい、14君をここへ。」

     

    〜チャバネ14入室〜

     

    チャバネ14:「…何か用ですか?(デブうんこを見て不機嫌)」

    上司その1:「彼(やまなし。便宜上)のブログの記憶から現行の主犯が14君だってことになっているんだけど、君、まさかあの部屋へ再びはいりこんでいるんじゃあないよね?」

    チャバネ14:「はぁ!?。冗談じゃないですよ!!!!。ヤツ(やまなし)のブログのせいでオレのイメージがとんでもないことになってしまったんっすよ!!!!。これ以上ヤツに関わろうなんていくらオレでも考えないですよ!!!!!。それに、あの部屋にはここ2年くらい入ったことなんかないっスよ!!!!。信じてください!!!!!。」

    上司その1:「いや、14君を疑うわけではないんだ。(笑)彼(やまなし)とは違い、我々(監査チーム)は、会社内の動きはちゃんと把握してるからね。デブうんこ君、14君はこのように言っているが、まだ申し開くことはあるかね?」

    デブうんこ:「上司その1!!!!。ぼくしゃんと14のどちらを信用するのでしゅか?いや、ヤツ(やまなし)を信用しないんでしゅかッ!!!!!!!!」

    上司その1:「それは14君を信じるに決まっているでしょ!!!。それに彼(やまなし。便宜上。)だって判断ミスをすることもある。とにかくもうあの部屋へは入るなって何回言わせたら気が済むの!!!。」

    デブうんこ:「ううぅぅぅうぅうぅ。ヤツ(やまなし)が被害をうけてるときのCGはチャバネ14だもんッ!!!!!。やっぱり14が悪いんだもんッ!!!!!!。僕しゃんは悪くないのでしゅッ!!!!!!。(泣怒)」

    チャバネ14:「お前ッ!!!!。まだあのセルフイメージを送信してんのかッ!?(大怒)」

    上司その1:「デブうんこ君。彼(やまなし。便宜上。)が以前ブログに記していたよね?『嘘は100回ついても嘘でしかない』と...。」

    デブうんこ:「ちがうんでしゅッ!!!!!!。このセルフイメージのヤツが勝手にやっているんでしゅッ!!!!!!」

    上司その1:「それじゃあ何かね?この14君モドキのCGは電子生命体とでも言うのかね?(怒)言い訳をするにももっとましなことを言って貰えないか?。私は頭が痛いよ...。」

    デブうんこ:「うっぅうううぅぅぅううぅぅ...。(大泣)」

    上司その1:「それに6年目の契約更改は、14君の研究発表を連名で行ったから更新したけど、今後はデブうんこ君が単独で研究発表しないと契約を更新しないからそのつもりで。(真剣)」

    でぶうんこ:「ッッッーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!。」

     

    どうも久しぶりの会話文章でぐたぐた感のみ続くため強制終了(呆笑

     

     ここ2年くらいの犯行の手口(14の存在を感じない)および、デブうんこが6年目の壁を越えている現状を鑑みて、チャバネ14は間違いなく何かしらの研究発表をしていると確信できます。そして、デブうんこはその研究発表に連名で便乗している存在だと思われます。

     長くなりましたが、本日は電磁波被害『睡眠妨害?(怒)』を終わらせていただきます。

     

     

    つくづく思う。連名のみで何の研究発表も行わない行為は『空出張』と同じだと。

    | 電磁波被害 | 23:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 23:16 | - | - | - |









      http://yamanashi0967.jugem.jp/trackback/297