CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
PR
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
ブログパーツUL5

テクノロジーおよび電磁波犯罪による被害者のブログ

とりあえずほっとしたい・・・
週刊少年マガジン?
0
    ◇本日の被害状況◇

    〇弭妖霙亜思考操作
    ∋弭妖霙阿砲△錣擦寝駭奪廛蹈哀薀燹淵掘璽泪鵐▲廛蝓)による24時間音声送信
    4蕎霑犧
    ぢ猟漢犧(腎臓排出および発汗抑制)
    ゴ恭亟錣料犧遏並臟召隆恭亟錣鯀犧遒靴娠部攻撃、主に尿道のデジタルデータ)
    Χ制睡眠


      本日も、変わらず 銑Δ糧鏗欧鮗けています。

     最近思い出したのですが、感覚器等のデジタルデータは、大脳のデジタルデータによる操作によって引き起こされるものであると言うことを再認識しました。これは、最近知った『電磁波等による犯罪ーStop Mind Controlー』によって思い出したと言うわけなのですが、本当にためになるホームページですので、本ブログをお読みの方は是非一度閲覧していただきたいと思います。
     また、大脳の感覚器の操作を行い人の亀頭ないし尿道をくすぐる電磁波被害についてですが、オナザルに問い詰めたところ「チッ、バレた!!!」とのことなので本日より「大脳いじるな!!!」が私の脳内での口癖になりつつあります。以下は大脳の操作に気づいた際のシーマンとのやり取りです。

    やまなし:「お前、大脳を操作しているだろ!」
    オナザル:「チッ、バレた。何で気づくんだよ!!!」
    やまなし:「感覚器の図を見たことあるのを思い出したからに決まってんだろ!」
    オナザル:「チクショーーーー!!!俺の楽しみを奪うなよ!!!」
    やまなし:「人に陰部攻撃をけしかけることがか?」
    オナザル:「いやいやいや、それも込みなんだけど...。」
    やまなし:「だからお前は女を知らない(童〇。チェリーコーク)んだよ。(笑)」
    オナザル:「うるせーーー!!!」
    やまなし:「どーせお前はアレだろ。週刊少年マガジンの
    アイドルの水着写真でも見てオナっているんじゃねーの。(笑)」
    オナザル:「ッーーーーーー!!!!!(怒)」
    やまなし:「ほら!横に
    カピカピになったマガジンが!!!!(大笑)」
    オナザル:「ッ!!!ッーーーーーー!!!!!(怒爆)」

    言い返せないところを見ると、どうやら大正解のようですね。(笑)

    つくづく思う。「...なるほど、その通りだなぁ...。」と。(いろいろな意味で。(笑))

    ☆参考☆
    電磁波等による犯罪(つくづくためになるなぁ...(感心&感謝!)): 
    http://space.geocities.jp/cosmos22_apollon/
    | 電磁波装置関係 | 18:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    に・お・い?
    0
      ◇本日の被害状況◇

      〇弭妖霙亜思考操作
      ∋弭妖霙阿砲△錣擦寝駭奪廛蹈哀薀燹淵掘璽泪鵐▲廛蝓)による24時間音声送信
      4蕎霑犧
      ぢ猟漢犧
      ゴ恭亟錣料犧遏扮部攻撃)

        本日も、変わらず 銑い糧鏗欧鮗けています。


       本日は、当ブログのPRにて知りました、口臭等のにおいに関する被害および仕組みについて記そうと思います。この被害は、結論から行くと『大脳辺縁系』を操作していると言うことになるのですが、具体的にどのような被害を被るかと言えば、
      ‖梢佑慮臭(胃液のにおい?)がとんでもなく匂う。
      ⊆分の放つ放屁が、自分のみとんでもなく臭い。(周りの人間には匂っていない。たぶん。)
      N戮凌祐屬硫従冑陛のにおいがとてもキツイにおいになる。(化学薬品臭がたまらなくキツイ。)
      つまり、嗅覚細胞の強化を行っているのだと思われますが、これが犯罪者(オナザル)曰く「猫並みの嗅覚にしているんだ!!!」とエラソーに自慢しているのを聞くにつけ、こいつは間違いなく幼稚を超えた幼稚さの持ち主だと思えるくらい、しょーも無い犯罪なのですが、以下はこの被害の仕組みについて、一番分かりやすかったHPよりのコピペです。

      香りと脳のメカニズム

       
       

      ●香りが鼻から脳へ伝わるしくみ

      嗅覚は鼻腔の上の方にある 嗅上皮 という匂いを感じる部分でキャッチされます。

      香りの分子は嗅上皮の粘膜でできた液体層に溶け込み、 嗅細胞 の先端である 嗅毛 という極細の毛で受容されます。

      受容された香りの情報は、嗅細胞の中で興奮を起こし 電気的信号に変換 されてインパルスを発生させます。インパルスは神経線維を伝わり、脳の底にある 嗅球 と呼ばれる嗅神経を経て脳へと伝わります。

      脳へ入った香りの情報はまず 大脳辺縁系 という古い皮質に達します。

      さらに大脳辺縁系から 視床下部 、すぐ下にある 下垂体 へと伝達されます。 

      同時に、 大脳皮質 の嗅覚野にも到達し、ここで香りを知覚し何の香りかを判断します。


      ※上記のように、「なるほど納得!!」と言えるくらい分かりやすい説明ですね。(笑)
       

      ●香りと大脳辺縁系

      大脳を「新しい皮質」と「古い皮質」で区別した場合、人間の脳の90%以上は「新しい皮質」が占めていると言われています。 

      人間のような高等動物になるに従って新しい皮質が発達し、下等動物は古い皮質が発達しています。

      新しい皮質は 大脳新皮質 と呼ばれ、考えたり記憶をする等の 知的活動 をつかさどり、人間らしい行動と結びついている脳とも言えます。

      一方、古い皮質は 大脳辺縁系 と呼ばれ、人間の場合、新しい皮質が発達することにより脳の片隅に追いやられてしまっています。 

      大脳辺縁系は、食欲や性欲などの動物と共通した 本能に基づく行動 、喜怒哀楽などの 情緒行動 を支配し、自律機能にも大切な役割を果たしています。 

      興味深いことに、大脳辺縁系は嗅脳とも呼ばれ、嗅覚は直接この大脳辺縁系と結びついています。 

      他の視覚や聴覚などが、視床や大脳皮質を経て大脳辺縁系へ到達するのに対し、嗅覚は嗅神経からダイレクトに大脳辺縁系へ入ります。嗅覚が人間の五感のなかで最も原始的であり、本能的な感覚と言われる所以です。

      ※ここで私が考えたのは「う〇こなんかの臭いが、本能的に食べられません的な臭いなのはそのためなのかなぁ。」と言うことでした。(笑)
       余談ですが、う〇こと同じ臭いがする果物のドリアンなんかは、昔はとても良い匂いをしていたため、乱獲されすぎたためにこのような臭いを進化の過程で体得したのかも知れませんね。(笑)


      したがって、香りはダイレクトに感情や本能を支配する脳に作用します。

      例えば「わけもなくイライラする」といったような理性ではコントロールできない感情を持て余している時、心地よい香りを嗅ぐことによってリラックスができたりイライラが緩和されることがあります。これは生理的なメカニズムに基づいたアロマテラピー効果の一つなのです。

      ※真面目に考えた場合、好きな人の匂い(フェロモン)なんかも本能に直結する匂いなのかも知れません。

       

      ●香りと視床下部

      香りの信号は大脳辺縁系へ到達した後、 視床下部 から 下垂体(脳下垂体) へと伝わります。 

      視床下部は 自律神経の最高中枢 とも言われ、生命活動に欠かすことのできない体温や水分、血圧、睡眠リズム、消化や呼吸など様々な働きの調整を行っています。 

      さらに、視床下部は自律神経を支配するだけでなく、下にある下垂体という器官とも密接な連携をとって機能しています。 

      下垂体は、さまざまなホルモンを分泌する 内分泌系の器官 で、各種ホルモン線のホルモン分泌量や時期をコントロールし、目的とする各臓器に働きかけて生命維持の安定に大きな役割を果たしています。

      視床下部はホルモンを分泌して、または神経連絡によって下垂体に指令を送っています。したがって、視床下部と下垂体は一体となって 恒常性を維持 するための重要な働きをしているとも言えます。

      人間はストレス状態にさらされたり感情的なダメージを受けると、自律神経系である交感神経と副交感神経のバランスを崩したり、内分泌系の乱れが生じることがあります。さらには免疫系にも悪影響を及ぼすことも知られています。←そういう意味では、私のような被害者は、とんでもなく悲惨な状態になっているのではないか?と思います。(私のみではなく、過去に被害を被った被害者も含めて) 

      アロマテラピーにおいては、香りの分子を電気信号としてこの視床下部に送ることにより、 脳内神経伝達物質 の働きに変化が起きると言われています。実際に「香りと神経伝達物質の関係」は実験によって徐々に解明されてきています。 

      また、特定の香りを嗅ぐことによってそれに応じたホルモンの分泌量の増減が見られるなどの確認もされています。 



      ストレスを解消するため、リラックスをするため、「癒し」を目的としたアロマテラピーに注目が集まっていますが、心理面のみならずこのような生理学的な側面から見たアロマテラピーにも今後は期待をよせたいところです。
       

       上記のように、匂いとは人間のストレス(交感神経)およびリラックス(副交感神経)にとても密接に関係し、影響を与えるものであると言うことができます。
       なお、余談ですが「一目惚れは、遺伝子のサインである(元ネタは漫画「レベルE」。)」との言葉がありますが、これは一目惚れをする対象の容姿のみならず対象の放つフェロモン等の匂いなども含まれていると思われます。このフェロモンの匂いが、くんかくんかした人間にとって良い匂いであればあるほど、お互いの免疫力の不足している部分を補いあえるものであると言うことです。(元ネタは漫画「WILD LIFE」より)
       このように匂いとはとても重要なものであると言えます。


      【結論】体臭(フェロモン)で、その人の人生が決まることもあり得る。(私見)

      ☆参考☆
      香りと脳のメカニズム: http://forest-candy.s7.xrea.com/mechanism.html
      | 電磁波装置関係 | 20:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      視床下部への電磁波被害・その19
      0
        ◇本日の被害状況◇

        〇弭妖霙亜思考操作
        ∋弭妖霙阿砲△錣擦寝駭奪廛蹈哀薀燹淵掘璽泪鵐▲廛蝓)による24時間音声送信
        4蕎霑犧
        ぢ猟漢犧

          本日も、変わらず 銑い糧鏗欧鮗けています。

         本日は、以前より宣言している通り『強制睡眠(ナルコレプシー)の電磁波被害』について、記そうと思います。やはりと言うか、どうも視床下部への電磁波データの改造&上書きでこの被害は可能であると言えます。下記のコピペが一番分かりやすかったので、転載します。

        日本睡眠学会のガイドライン:pdf。 
        同学会の Q and A: pdf。  ナルコレプシーを初めて独立疾患として記載したのは、フランスの医師 Gélineau (1880) である。”narco-lepsy” と言う語句は、眠気を意味する
         
        ギリシャ語と、発作を意味する語の合成語である。彼は“短時間の眠りに対する耐え難い欲求”が繰り返し生じる病気としてこの語を作った。
        睡眠発作の開始と情動の関係や、時に発作が転倒や脱力に結びつくことも記載している。ナルコレプシーの4徴。 
         
        その後、睡眠発作と脱力発作が明瞭に区別されるようになり、脱力発作という名称が提唱された。
        睡眠麻痺 sleep paralysis と入眠時幻覚 hypnagogic hallucination は正常人や他の脳疾患の症状として見いだされたものであるが、それらがナルコレプシーによく見られる症状である事が報告された。
        ナルコレプシーの4主徴として、1) 睡眠発作、2) 脱力発作、3) 睡眠麻痺、4) 入眠時幻覚をまとめた。

        原因。
        注目されているものにオレキシンの欠乏がある。
        オレキシンは視床下部から分泌される神経伝達物質で、1998年に発見された。間脳の一部、食欲や体温中枢などが集中する視床下部の中で、前部視床下部の腹側外側視索前野は睡眠中枢をなし、後部視床下部にはオレキシン神経があって覚醒中枢をなすことがわかっている。オレキシンは視床下部外側部に存在する神経細胞に含有される神経ペプチドである。オレキシン (ヒポクレチン-1) は1 つの前駆体 (プレプロオレキシン) から2 つの活性ペプチド、つまりオレキシン A と B に分かれる。オレキシン含有神経細胞は、視床下部外側部のみに存在するが、脳内モノアミンやヒスタミン、アセチルコリン神経系の起始核に密な投射を送り、それらの神経伝達物質の働きを介して睡眠覚醒調整や摂食調整、エネルギー代謝調整に関与している。
        ナルコレプシーでは、オレキシンが消失することでこれらの機能のバランスに不均衡が生じ、過眠症状やレム睡眠関連症状、睡眠の分断化が出現すると考えられる。メチルフェニデート (リタリン) はその治療薬として使用される。ナルコレプシー以外に注意欠陥多動障害 (ADHD) にも効能がある。メチルフェニデートはアンフェタミンに類似した中枢神経刺激薬である。リタリンの薬品情報 pdf

        上記の情報どおり、ナルコレプシーはオレキシンの欠乏によって引き起こされているものであり、前部視床下部腹側外側視索前野の輻射する電磁波に、BMI装置を介して1)睡眠発作や2)脱力発作のデジタルデータを変調して被害者に送信することで犯行を可能としているのです。
         また、オレキシンについては、下記にコピペしますHPよりの転載より分かると思います。

         

        オレキシンとは

         オレキシンはオーファンGタンパク質共役型受容体(GPCR)を用いた新規生理活性物質の探索により同定された[1]。オレキシンA (orexin A)とオレキシンB(orexin B)の二つのイソペプチドが存在する。同時期に、視床下部に特異的に発現するmRNAから推測されたペプチド前駆体より、二つの神経ペプチドが予測されヒポクレチン-1、ヒポクレチン-2として発表されているが、オレキシンAおよびBと同じものである(当初論文のヒポクレチンの構造の推測には間違いがあったが現在ではオレキシンと同義語として用いられている。)

         オレキシンは摂食行動の制御系と睡眠・覚醒の制御系の両者と深い関係をもっている[1] [2]。オレキシンと報酬系との関連も示唆されており、情動や体内時計エネルギー恒常性を統合した情報をもとに、適切な睡眠・覚醒状態をサポートする機能をもっていると考えられる[2]

         行動を制御するには覚醒の維持が必須であるが、オレキシンはさまざまな行動をサポートするために、覚醒を維持する機能をはたしている。一方、オレキシンの機能障害はナルコレプシーなどの過眠症に、機能亢進は不眠症などの病態に結び付くと予想される。

        中略

        発現(組織分布、細胞内分布)

         オレキシンAとオレキシンBは同一の前駆体から切り出されるため、同じ細胞によって発現される。オレキシン産生ニューロンは視床下部の「摂食中枢」とされる視床下部外側野(lateral hypothalamic area: LHA)を中心にその近傍の視床下部脳弓周囲野(perifornical area)(※ここまでが睡眠中枢)、そして視床下部後部(posterior hypothalamus:PH)(※こちらが覚醒中枢)に存在する[3] [4]

         これらのニューロンは他のニューロンと混在しながら散在している。たとえばMCHを作るニューロンも似た領域に存在するが両者は別々の集団である。一方、ダイノルフィンニューロテンシンはオレキシン産生ニューロンに共存している。またオレキシン産生ニューロンはグルタミン酸作動性ニューロンのマーカーであるvGluT2を発現しており、グルタミン酸作動性ニューロンでもあると考えられている。

         オレキシン産生ニューロンの数はマウスで数千個、ヒトで70000個ほどといわれている。これらのニューロンから伸びる軸索は、数多く分枝しつつきわめて広範な領域に投射している[3]

        また、同じ視床下部にある視交叉上核にも影響ないし、直接BMI装置を介しての電磁波被害をもたらしている可能性があります。この、視交叉上核は、『人間の体内時計』と言われるもので、下記のコピペの一部を転載します(私的にはこの部分が一番分かりやすいと思います。)。

        視交叉上核[編集]

        哺乳類における時計中枢視床下部視交叉上核 (suprachiasmatic nucleus; SCN) に存在する。視交叉上核を破壊された動物では、規則正しい睡眠・覚醒リズムが完全になくなってしまう。視交叉上核は光の情報をから受け取る。目の網膜において光を感受できる細胞は、古くから知られている視細胞桿体細胞錐体細胞のみではなく、網膜神経節細胞 (retinal ganglion cell) の一部にも存在する。これらの細胞はメラノプシン (melanopsin) と呼ばれる感光色素を含んでおり、網膜視床下部路を通って視交叉上核に達する。視交叉上核の細胞は、体内から取り出され外界からの刺激がない状態で培養されても、独自のリズムを何年間も刻み続けることができる。

        視交叉上核は日長の情報を網膜から受け取り、他の情報と統合し、松果体 (pineal gland) へ送信していると考えられている。松果体ではこの情報に応答してホルモンであるメラトニン (melatonin) を分泌する。メラトニン分泌は夜間に高く昼間に低い。

        視交叉上核以外の時計中枢[編集]

        近年、体のいくつかの細胞が時計中枢である視交叉上核の支配下にないことを示す証拠が現れてきた。 例えば、肝臓の細胞は光より摂食に応答するようである。体の大部分の細胞は独自の自由継続リズムを持っているようである。 また、食餌性の概日リズムの形成には視床下部の背内側核が関与しているといわれている。

         このように、ホモ尾田オナザル(笑)は視床下部をメインターゲットとして、被害者たちに犯罪行為(主に性犯罪等)を犯し続けているのですが、「なぜ、視床下部なのか?」と言うと、BMI装置を介して脳内情報を入手した際に、人体の最高中枢である視床下部のデータはたぶん他のデータと比べて『一番規則正しい数値の変動を行っている』から、素人やオナザルでも分かりやすかったのかもしれませんね。(笑)
         


        つくづく思う。視床下部を操作することは、人死につながる行為であると。もっとも、オナザル本人(サル?)は、シーマンを介して『オレ様は、そんなことは知らないのだ!!!!』とわめき散らしていますが...。

        ☆参考☆

        ナルコレプシーは視床下部のオレキシンが欠乏する: http://blog.livedoor.jp/garjyusaiga/archives/52288211.html

        オレキシン(脳科学辞典): http://bsd.neuroinf.jp/wiki/%E3%82%AA%E3%83%AC%E3%82%AD%E3%82%B7%E3%83%B3

        概日リズム: http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A6%82%E6%97%A5%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A0


         
        | 電磁波装置関係 | 20:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        視床下部への電磁波被害・その18
        0
          ◇本日の被害状況◇

          〇弭妖霙亜思考操作
          ∋弭妖霙阿砲△錣擦寝駭奪廛蹈哀薀燹淵掘璽泪鵐▲廛蝓)による24時間音声送信
          4蕎霑犧
          ぢ猟漢犧

            本日も、変わらず 銑い糧鏗欧鮗けています。

           本日は、視床下部への電磁波被害・その18として、『花粉症・喘息になるもしくは酷くなる被害』について、調べたことを記したいと思います。まず、花粉症が発症するのは、以前アトピー性皮膚炎でも記したとおり、視床下部および下垂体にある肥満細胞にて、H1受容体(レセプター)と体内に入ってきた杉ないしヒノキの花粉が結びつくことで、体内の免疫反応が活発化するアレルゲンとなり、『ヒスタミン』が大量発生することで発病する疾患ですが、下記にコピペしたものが一番分かりやすかったです。

          緒言 
           肥満細胞は花粉症や喘息、アナフィラキシーなど IgE 依存性のアレルギー症を惹起
          し長い間“やっかいもの”とされて来た。しかし最近の研究で、寄生虫感染以外にも腸
          内細菌による炎症の抑制など宿主防衛を担っていることが明らかになった。脳内では
          肥満細胞は脳室周囲器官に多数存在するがその機能は不明であった。アナフィラキ
          シーやヒスタミンの投与による副腎皮質ホルモン分泌亢進は脳内の神経由来のヒスタ
          ミンによるとされてきたが、
          脳内ヒスタミンの半分は肥満細胞に由来する。本研究は
          床下部正中隆起部
          の肥満細胞から IgE 依存性に放出されたヒスタミンが視床下部-下
          垂体- 副腎 (HPA) 系を活性化することを明らかにした。
          このことは正中隆起部の肥
          満細胞は脳内抗原センサーとして働き、HPA 系を活性化して I 型アレルギー誘発の炎
          症を抑える可能性を示唆したものである。
           

          中略

          考察 
           
          肥満細胞は正中隆起部に多数存在し、脳室経由でも静脈経由でも IgE によって受
          動感作され、脳室経由又は静脈経由のいずれの抗原 challenge によっても脱顆粒す
          る。
          放出されたヒスタミンは H1receptor を介して CRF を放出し、下垂体-副腎系を活性
          化する。
          さらに脳内肥満細胞によって上昇したコルチソールはこの反応の引き金とな
          った末梢での I 型アレルギー誘発の過剰な免疫応答をネガティブフィードバック的に
          抑制して、炎症反応を終息させるかもしれない。本報告では正中隆起に存在する肥満
          細胞による副腎皮質の活性化と肥満細胞が正中隆起に存在することの意義について次の
          ように仮説を提案している。
          正中隆起部は血液・脳関門を欠くので神経系、内分
          泌系、免疫系が偶然・必然を問わずここで出会い、中枢神経系のより上位中枢 (辺縁
          系や大脳) にも、下位器官 (下垂体、延髄) に対しても影響を及ぼす
          だろう。しかも正
          中隆起は免疫系の脳への重要な出入口の一つであることから、正中隆起部に高密度
          に居住する肥満細胞は脳への入り口で抗原の侵入を監視するとともに、I 型アレルギ
          ー発症時の視床下部-下垂体-副腎系及び自律神経系の統合的調節機能の一端を
          担っていると考えられる。


           ここで分かるのは、視床下部正中隆起部にある肥満細胞(この細胞は100年以上も前にすでに文献に記載され、現在ではIgE抗体を介してアレルギー反応を惹起する細胞として研究対象にされています。)にてH1受容体が活性化するデジタルデータを送信して、脳の入り口で抗原の侵入を監視している機能を活性化させ、I型(アナフィラキシー型)アレルギー発症時の視床下部-下垂体-副腎系および自律神経系の統合的調節機能を狂わせることで、ヒスタミンを大量発生させ、花粉症ないし喘息を発症&憎悪化させていると考えられます。
           また、ヒスタミンには血管拡張作用があり、この作用によりアレルギーの症状(鼻の奥が腫れぼったい感覚)である、くしゃみ、鼻水などが発生します。風邪のアレルギー症状も同一の機序によるものとされています。よって、医師が処方する抗ヒスタミン剤は、アレルギー症状を治すものではなく、症状を緩和するものであると言えます。
           なお、花粉症ないし喘息を憎悪させるオナザルの手段として、シーマンとの対話より2パターンほどあることも分かっています。1つは『視床下部正中隆起部にある肥満細胞を活性化するデジタルデータを数値MAXにして、相当酷いI型アレルギー反応を引き起こすもの』と、2つ目は私自身がヒノキ花粉に対する花粉症なので、『生来的に発生しているI型アレルギー反応を
          強化する(※私自身はこの強化する電磁波データを強化系データと呼称していますが、この強化系デジタルデータのやっかいなところは、アレルギー反応だけでなく、他の情動の忌避する電気データやあらゆる脳内データを3倍くらい強化することができ、しかも時間制限が無い様なので延々と通常の3倍くらい重い花粉症にさせられています。ちなみに本日はこの強化系のほうの被害を受けてテッシュペーパーを手放せなくなりました。)方法』があります。どちらにしてもたちが悪いことに変わりはありませんが、強化系データはお調子者系犯罪者が残した凶悪なデジタルデータでまだ生き残っている数少ないデジタルデータなので、さっさと監査チームに取り上げてもらいたいものです。
           また、このI型アレルギーの最も恐ろしいのは『アナキラフィシーショック』と呼ばれるもので、例えばスズメバチに2回目に刺された場合に死に至るケースがありますが、これが『アナキラフィシーショック死』と呼ばれ、最悪花粉症でも死に至る可能性があるため、たかが花粉症と侮っていてはそれが原因で『アナキラフィシーショック死』を引き起こしてしまう場合も考えられますので、オナザルが行っている視床下部正中隆起部のデジタルデータの改造&上書きによる電磁波犯罪は、思っている以上に危険な犯行であると言えます。

          つくづく思う。視床下部をBMI装置で操作することは、人死につながる行為であると。

          ☆参考☆


          花粉症のメカニズム: http://www.kyowa-kirin.co.jp/kahun/about/mechanism.html

          松本逸郎論文内容の要旨: http://www.nagasakiu.ac.jp/zaigaku/ronbun/ronbun0503/igaku0503/i_otu1737ronbun.pdf

          抗ヒスタミン薬: http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8A%97%E3%83%92%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%9F%E3%83%B3%E8%96%AC 

          マスト細胞(肥満細胞)とは: http://www.pharm.okayama-u.ac.jp/lab/meneki/research/mast_cell/
          | 電磁波装置関係 | 22:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          視床下部への電磁波被害・その16
          0
            ◇本日の被害状況◇

            〇弭妖霙亜思考操作
            ∋弭妖霙阿砲△錣擦寝駭奪廛蹈哀薀燹淵掘璽泪鵐▲廛蝓)による24時間音声送信
            4蕎霑犧
            ぢ猟漢犧


              本日も、変わらず 銑い糧鏗欧鮗けています。

             本日は、腎臓のことを調べている段階で、『肝臓代謝・腎臓代謝』なる言葉を知り、「これは現在被っている代謝機能低下(つまりおデブにさせられる被害)に通じるのではないか?」と思い、急遽ブログ更新を行った次第です。下記の文章は、リンク先からのコピペです。

            薬物の代謝のことでしょうかそれでしたら主に腎臓で排泄されるもの、主に肝臓で代謝されるものまたは両者で代謝されるものに分けられます。

            具体例といたしまして
            肝代謝 イブプロフェンなど
            主に脂溶性の薬物は、肝臓でその構造に変化が加えられ(代謝)、水溶性物質に変化します。
            肝での代謝を受けることによってこの薬物の活性が失われる場合、この薬物は肝代謝によって消失したと言えます。

            腎排泄 ゲンタマイシンなど
            主に水溶性の薬物は、肝臓での代謝を受けず、そのままの形(未変化体)で腎から排泄されます。
            このように未変化体のまま腎から排泄されることにより消失する薬剤が、腎排泄型薬剤です。

            両者 フェニトインなど
            両方の代謝・排泄経路をたどるもの。
            薬物が肝臓で代謝を受けたあとに残った未変化体が腎臓で排泄されて消失するものが腎肝排泄型薬剤です。

            これ以上は難しくなってしまうのでこれぐらいでどうでしょう。

            補足も説明しましょう。
            そのサプリメントにビタミンが入っているのですか?、ではここではビタミンの話をしましょう。
            ビタミンも脂溶性のものと水溶性のものがあります。
            代表的な脂溶性ビタミンはA、D、E、K 水溶性はB、Cです。
            上記のように基本的に脂溶性のものは肝臓で代謝を受け、水溶性のものは腎臓から排泄されます。

            固形なものと液体では吸収にかかる時間が少し違うだけで代謝経路は変わりません。
            こんなもんでどうでしょう。

             
            上記の文言にあるサプリメント等の薬物を、『食物』に置き換えて読むと、
             
             ヾ梁‖綣佞鯆祺爾気擦蕕譴董∋虱論の食物を水溶性に変換させなくする。(体内に脂肪が溜まっていく。肥満化)
             ⊃嫗’嘶を低下させられているため、水溶性に変換されたわずかな脂肪も体外に排出されなくなる。(高尿酸血症、高コレステロール血症)


             
            上記のような具合で、肥満化するメカニズムが出来上がっているのだと推測されます。ダイエットを敢行しているにもかかわらずどんどん体重が増加の一途をたどっていく体が、『視床下部のデジタルデータを操作して、肝臓および腎臓を直接操作している良い証拠』になると思います。
             また、肥満化することは『健康から遠のく』→『死亡に近づく』というように、どう見ても『殺人行為』に他ならない行為だと思われ、犯罪者組織はこのような行為を『バーチャル感覚で平然とやり続ける』オナザル篭城ニートをどうして雇い続けているのか不思議です。(大激怒)

            本日は、腎臓疾患の途中経過なのでこの辺りで。

            ☆参考☆

            腎臓代謝・肝臓代謝ってどう言う意味ですか?:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1127096506

            | 電磁波装置関係 | 23:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            視床下部への電磁波被害・その16(あなたは、カップ麺?それともカップうどん?)
            0
              ◇本日の被害状況◇

              〇弭妖霙亜思考操作
              ∋弭妖霙阿砲△錣擦寝駭奪廛蹈哀薀燹淵掘璽泪鵐▲廛蝓)による24時間音声送信
              4蕎霑犧
              ぢ猟漢犧


                本日も、変わらず 銑い糧鏗欧鮗けています。

               本日は、『異常なまでの胸焼け(逆流性食道炎)』被害について記そうと思います。この被害実は拉致られた初期の頃(2006年12月頃から2007年3月くらいまで)によく食らっていた被害なのですが、ここ最近(ここ一週間くらい)また始まったので「どのような仕組みでこの被害は可能なのだろうか?」と思い、調査した次第です。先日記した肝臓の操作は視床下部のデジタルデータの改造&上書きで可能であるため、逆流性食道炎についても確実に可能であると思われます。
               では、逆流性食道炎とはどのような疾患なのか?というと、下記のリンクよりのコピペですが、

              逆流性食道炎は胃の内容物が食道に逆流してくることにより生じる病気です。胃の中には胃酸という酸性の強い消化液があり、主に胃酸の逆流により食道粘膜が障害を受けて食道炎を生じます。食道は食事を口から胃に送るのが主な役割で、食べたものを消化する働きはなく、消化液による刺激には抵抗力が強くありません。したがって胃の内容物は食道に簡単には戻らないように、胃と食道のつなぎ目は筋肉(下部食道括約筋といいます)で締まった状態になっており、食事が通るときだけ緩むという仕組みになっています。ところが胃が膨らむと一時的にこの筋肉がゆるむ生理現象があります(食事の後などでゲップが出るような状態です)。この生理現象でも胃酸が逆流して症状が出ることがあります。

              この通り、視床下部のデジタルデータの改造&上書きによって、『下部食道括約筋』を緩めた状態にして、胃酸が逆流してくるようにしているのだと思います。
               では、「なぜ、この時期にこのような電磁波被害をするのか?」と言うと、しつこい系オナザルが、前任のお調子者系の仕業だと思わせたいためと、シーマンはゲロっていますが、「誰を騙すためにおこなっているのか?」と言う疑問が残り、意味不明であると言わざるを得ない行動であると言えます。第一自分のことのみわめき散らすオナザルごときに、惹かれる(甘い電機が体内を走る)女性がいるのか?というと、とてもこの世に存在しないと思われ、下記のようなシチュエーションを考えました。(笑)
               「もし、しつこい系オナザルが、合コンないしお見合いを行った場合、果たして相手の女性は何分で見切りをつけるのか?」と、私の経験上自分のことのみわめき散らすようなオナザルに『コイツはダメだ...』と思うようになるまで3分ないし5分でそうなると思います。(笑)
               そして、延々と話し続けるオナザルが話し終わったその瞬間、彼女たちはこう答えるでしょう。
              『『『この話は無かったことにしてください!!!!』』』と。(大笑)

              ☆参考☆

              逆流性食道炎: http://www.jsge.or.jp/citizen/2008/chugoku.html

              | 電磁波装置関係 | 21:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
              視床下部への電磁波被害・その15
              0
                ◇本日の被害状況◇

                〇弭妖霙亜思考操作
                ∋弭妖霙阿砲△錣擦寝駭奪廛蹈哀薀燹淵掘璽泪鵐▲廛蝓)による24時間音声送信
                4蕎霑犧
                ぢ猟漢犧


                  本日も、変わらず 銑い糧鏗欧鮗けています。

                 本日記しますのは先日より調査を行っていた『視床下部におけるデジタルデータの改造&上書きで代謝能力低下および亢進した場合、体内でどのような疾患が発生するのか?』についてです。
                 まず、私の場合は、視床下部性の肥満にさせる段階で人体内の代謝を行っている『肝臓』の機能が副産物的?に『低下』させられてしまい、『脂肪肝』にさせられたと言うことになります。この脂肪肝という病気は「慢性肝機能障害」にカテゴライズされ、病状が進行すれば、
                 慢性肝炎(肝臓の炎症による肝細胞の破壊
                   ↓
                肝硬変(大部分の肝細胞の破壊(肝細胞の死)
                   ↓
                肝臓がん』←肝硬変に罹患した場合、高確率で肝臓がんになります。

                と、言うように悪化していきます。つまり、このBMI(ブレイン・マシン・インターフェース)装置で『人間は、確実に死に至らしめることができる。』ということになります。

                 また、ゆうちゃんの場合のように、代謝能力を亢進させられた場合は、人体の代謝機能を直接コントロールしている肝臓の機能にあまりにも負荷が掛かりすぎてしまうため、脂肪肝を通り超えて、
                 慢性肝炎(代謝機能異常亢進による炎症反応による肝細胞の破壊』からはじまり、
                   ↓
                肝硬変(大部分の肝細胞の破壊(肝細胞の死)
                   ↓
                肝臓がん
                と、言ったかんじで『死に至らしめられた』と考えられます。
                 ちなみに、下記の画像は、副腎ホルモンの精製についてですが、視床下部の数値を改造&上書きすることで直接内臓に危害を加えることができることを端的に現していると言えます。


                 つまり、猫ちゃんと人間の違いこそあれ『BMI装置で、確実に生命を奪うことが可能である』ということになります。しつこい系犯罪者は医師でも鍼灸師でもないため、脳細胞(視床下部から下垂体)のデジタルデータの改造で肥満にすることで「人体にどのような病気が発症するのか?」なんて考えもせずに犯罪を犯しつづけているのです。(大激怒)
                 『被害者を怒らせて馬鹿にしたい』というなんとも幼稚な考えに基づいて今なおデジタルデータの脳内送信という電磁波被害を行い続けているのがなんとも腹立たしいです。犯罪者組織の上司に「だめだこいつ。早く何とかしないと…。」←このように考えていてもらいたいものです。(しみじみ)



                「学者の本分とは、論文を読み、そして自ら論文を書き発表することである。それを怠った者とは、一体如何なる存在なのか?」

                ☆参考☆

                視床下部と下垂体の特殊な障害: http://plaza.umin.ac.jp/sawamura/braintumors/hypothdysfunction/ 


                肝機能検査値異常をきたす病気: http://www.c-kan.net/medical/05.xhtml ←このHPで肝臓障害のことが分かります。

                | 電磁波装置関係 | 23:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                ヘルツ氏に罪は無い?
                0

                  ◇本日の被害状況◇

                  〇弭妖霙亜思考操作
                  ∋弭妖霙阿砲△錣擦寝駭奪廛蹈哀薀燹淵掘璽泪鵐▲廛蝓)による24時間音声送信
                  4蕎霑犧
                  ぢ猟漢犧


                    本日も、変わらず 銑い糧鏗欧鮗けています。

                  ちょっと前に『電磁波とアンテナ』について調査したことがあったのですが、このところ色々ありすぎてブログに記すことができなかったため、本日は『代謝機能の低下&亢進による肝機能障害』ではなく『電磁波とアンテナの仕組み』について考察したいと思います。まず、電磁波とは下記のリンクよりのコピペより、『電気のある所には必ず電磁波が発生しています。のとおり、人体が電気で活動している以上、『必ず人体(脳)は、電磁波を発生させている』と言えます。
                   

                  電磁波とは「電場」と「磁場」の波

                  一般に電磁波とは、電気が流れるときに発生する「電場」と「磁場」がお互いに絡み合いながら、波を描いて進む電気の流れのことをいいます。

                  電気のある所には必ず電磁波が発生しています。

                  電磁波は「波」というだけあって、波の大きさ(高さ)、波の長さ(波長)によってその作用が大きく変わります。そして、この波は「周波数」によって区別されます。周波数とは一秒間に振動する回数のことで、単位はHz(ヘルツ)を使います。

                  一般家庭やオフィスのコンセントから家電製品を経由して発生している電磁波は、一秒間に50回(50Hz)もしくは60回(60Hz)振動する「極低周波電磁波」というものになります。←人体(脳)が発生させている電磁波の振動数はもっと低いです。

                   また、アンテナについても、『受信のみではなく送信もできる』ため、人体(脳)は極極極長波の電磁波を発生させ、かつデジタルデータを送信しているといえます。この犯罪で使用されているBMI(ブレイン・マシン・インターフェース)装置は、被害者の発生している極極極長波を受信して、デジタルデータを変調して被害者へ向けて送信してきていると言えます。
                   電波(電磁波)が、ヘルツによって発見された当時から、極極極超波の存在は知られていたのかもしれませんが、『なぜ、この周波数帯(極極極長波)は、いままで使用されなかったのか?』というと、電波が発見された当時、実用可能であると思われた周波数帯(例えば、モールス信号。極長波)の限界がかなり上の周波数帯であったためと思われます。アナログデータの概念では、極長波までが実用に耐え得る電磁波と思われていたのです。アナログデータのような波形データの概念では、極長波までが限界だったのです。しかし、デジタルの概念ではコンパクトディスクおよびMDのように、波形ではなく変調可能な大きさにデータを区切ってしまうため、このような人体実験(加害者集団が言うには)が可能になったと言うことになります。

                  いささか簡単ではありますが、『電磁波およびアンテナ』についての考察を終わります。

                  ☆参考☆
                  電磁波とは?: http://www.denjiha.com/what/  

                  電気機械のしくみ: http://www.wh2.fiberbit.net/shikumi/SubPage2_2_4.html
                   

                  | 電磁波装置関係 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                  視床下部への電磁波被害・その14−2
                  0
                      ◇本日の被害状況◇

                    〇弭妖霙亜思考操作
                    ∋弭妖霙阿砲△錣擦寝駭奪廛蹈哀薀燹淵掘璽泪鵐▲廛蝓)による24時間音声送信
                    4蕎霑犧
                    ぢ猟漢犧


                      本日も、変わらず 銑い糧鏗欧鮗けています。


                     

                    みなさんコンババもといこんばんは。(笑)
                     本日は『性欲?をコントロールする磁波』被害について記そうと思います。この被害については、以前記しましたとおり、性欲を強化するためには、脳内物質『アンドロゲン(テストステロン←男性ホルモン)』を増加させることで可能であると思われますが、そもそも男性と女性の脳では構造が異なるため、アンドロゲン(テストステロン)の分泌量も異なると思われ、その結果、「生殖行為において行動パターンの違いが現れるのではないか?」と思われます。具体的な動きの違いとして、男性は『前後の動き』を取り、女性は『上下の動き』を取るということなのですが、この違いは、脳内および体内のアンドロゲン(テストステロン)の量によって現れると思われます。つきつめれば、男性は『前に突き進む』、女性は『それを受け止める』というように、役割分担ができているためではないのかと思います。故に、犯罪者たちはアンドロゲン(テストステロン)の過剰分泌をするように脳内デジタルデータの改造&上書きを行おうとしているのだと思うのですが、ここで『太らせたい。(女性ホルモン等を増加させる≒食欲の増加)そして怒らせて馬鹿にしたい』と矛盾する結果になるため、事実上不可能なことに熱をいれていると言えます。そして、まったくもってたちの悪いことに、否定すればする程ムキになって、逆を返せばの脊椎反射のみで反対の行動をとり続ける超コンババな動物の本能&最高中枢の半分以上は『幼さ』のみで構成されています的で、迷惑極まりないことこの上ないのがタクトをとり続けているため、今しばらく続くのではないかと思われます。

                     


                    やっぱり、サルだけに不可能とわかっても、立ち去るまで不可能なことを続けるのだと思う。(しみじみ)

                    | 電磁波装置関係 | 21:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                    視覚操作の電磁波被害について
                    0
                        ◇本日の被害状況◇

                      〇弭妖霙亜思考操作
                      ∋弭妖霙阿砲△錣擦寝駭奪廛蹈哀薀燹淵掘璽泪鵐▲廛蝓)による24時間音声送信
                      4蕎霑犧
                      ぢ猟漢犧


                        本日も、変わらず 銑い糧鏗欧鮗けています。



                       さて、本日も『性欲?をコントロールする磁波』被害について記そうと思lっていましたが、少し気が変わりまして『視覚を操作する電磁波被害(例えば、遠視(老眼?)にする等)』について記そうと思います。私自身この被害は5年前に2回ほど受けたことがあるので、犯罪者は“お調子者系”の犯行であると思いますが、結論から言えば、水晶体(ピント)を操作する『毛様体筋』の弛緩をすることで可能であると思われます。それでは、「毛様体筋は脳のどの部位で操作可能なのか?」というと、『中脳にある動眼神経』のデジタルデータの改造&上書きによって行われると思われます。

                       また、先日記しました『リンパ節に電流を流す電磁波被害』等についても、『視床下部』だけではなく、実は『中脳』をも操作することで行われているのではないかと思われます。『中脳』は、主に視神経&眼球等の運動を司る脳の部位ですが、この部分の操作にも脳内物質の操作により行われているのではないかと思います。(まだ、未調査のため断言は出来ませんが、セロトニンおよびドーパミン等の操作を行うことで可能なのではないかと推測されます。)

                       なお、視覚操作の電磁波被害とは異なりますが、『人工夢(ヴァーチャルリアリティ)』については、中脳ではなく『視床』に直接デジタル映像データを送信することで『終脳』のイメージ画像として見せられることが可能であると思われます。毎朝毎朝意味不明なものを見せやがって、正直ウザイです。(怒)


                      やっぱり、『幼さ』と『子供っぽい部分を垣間見る』は違うものだと思う。その違いは『行動』にあらわれる。(経験談より


                      ☆参考☆


                      目の仕組みと近視: http://eye-training.info/shikumi.html 


                      乱視について: http://coopervision.jp/lessons/ranshi-toric/structure 


                      動眼神経: http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8B%95%E7%9C%BC%E7%A5%9E%E7%B5%8C 


                      映像と脳内の働き: http://www.nips.ac.jp/contents/release/entry/2012/02/post-202.html 


                      感覚器官と神経系: http://www.max.hi-ho.ne.jp/lylle/sinkei.html

                      | 電磁波装置関係 | 21:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - |